それぞれの美容整形のダウンタイムとは

ダウンタイムとは、美容整形の術後に日常生活が普段通りに行えるようになるまでの時間のことをさします。その時間は施術内容によって異なります。
豊胸手術の場合は痛みのための時間を用意しておく必要があります。鼻整形や二重整形では、腫れによるダウンタイムが問題となります。

これらはカウンセリングの際にどれくらい腫れるのか、期間や程度を確認しておく必要があります。脂肪吸引では広範囲に内出血が生じる場合があるので、2週間ほどの期間を要する場合があります。鼻やまぶたなどの顔の整形でも内出血が出る可能性がありますが、メイクをすることでその期間を短くすることができます。

最近の美容整形

最近の美容整形で注目を集めているのは、なんといってもメスを使わずに治療する方法です。メスを使わず簡単に出来るというイメージから、‘プチ整形’と巷では呼ばれています。

美容整形ランキング

1位:脱毛

最近では、男性もこの脱毛に興味を持ち出したこともあり、男女ともに、多くの方が、この脱毛を行っています。やはり、定期的にしなくてはならないもので、面倒だからこそ、したいという声が多くあり、男性で言えば、体毛や特にひげの脱毛が多くお問合せがあるとのことです。女性では、足やわきなど、気になる方は背中などの脱毛手術うけています。

2位:輪郭(フェイスライン)

あご、頬骨や張っているエラを骨ごと削り取るという、大掛かりな手術にも関わらず、堂々の2位にランキングしました。広告のキャッチコピーやテレビなどのでもよく取り上げられている、‘小顔’というものに、憧れる女性が多く、その意識の高さを伺えるのではないでしょうか。また、顔の輪郭が変わるということから、目や鼻などのパーツを整形するよりも、外見的にそこまで変化がないのも人気の理由ではないでしょうか。

3位:若返り(アンチエイジング)

これは、40・50・60代の方に大人気の美容整形になります。若返り=若さ維持とも言えるこのアンチエイジングは、特にしわのしみの除去や、肌に潤いを入れるなど、肌年齢という俗語があるように、肌には年齢が表れるので、その部分とくに顔のアンチエイジングが集中しているとのことです。

4位:目元

少し前までは、不動の一番人気だったとう、目元、特に二重まぶたや、涙袋の手術。今でも、その人気は変わらず保たれています。特にテレビに出ている芸能人の方と、同じ目元にして欲しいという希望が多く、最近では、男性の方からのお問合せもあるとのことです。

5位:バスト

これも昔からある豊胸についてや、最近では、乳癌が年々増加していることから、その癌摘出手術によって、なくなった乳首・乳輪や乳房などの再構築などのお問合せもあるとのことです。

このランキングは、お問合せの件数や、実際に手術を受けられた件数を統計して、独自にランキングしなおしたものになります。病院やクリニックによって、また違ったランキングがあると考えられます。これから美容整形を行ってみようと考えてrいる方は、様々な情報を得て、一番自分に親身になってくれる病院・クリニックを探すことをおすすめします。

その人の印象を変える美容整形

美容整形と言うと、まだネガティブなイメージがありますが、年々ポジティブな施術方法になっています。人の見た目に関しては、メンタルの部分にも深く関わってきますので、美容整形が成功することでさまざまなことに影響をもたらせてくれることでしょう。その人の印象を変えることもできますので、化粧を変えたり、人前に出たりすることが苦にならなくなることでしょう。

一度きりの人生になりますので、整形の施術法である二重整形や鼻整形など検討しても良いかも知れません。メスを使用しないプチ整形などもありますので、より良い方法を見つけることができるでしょう。

関連

MENU

TOP 鼻整形の種類 失敗を避ける二重整形 自然さが大事な美容整形 脂肪吸引 脱毛 二重整形 豊胸 鼻整形 プチ整形